ED治療に翻弄された記録   >   ED治療薬の死亡例とその危険性

ED治療薬の死亡例とその危険性

危険性

バイアグラ・レビトラ・シアリスはペニスの深刻な悩みの一つ、EDを改善してくれる薬として有名です。
EDは勃起不全という症状であり、薬はその症状を治療するために血流を良くする成分が含まれてできた薬になります。
これらの薬には太いペニスを作り出してくれるため、より満足できる性行為を可能にすることができるため、ED患者さん以外の方が性行為を目的として使用することが多いと言われています。
しかし、バイアグラ・レビトラ・シアリスといったものは、サプリメントとは違い、症状を治療改善を目的として作られた「医療医薬品」になります。
そのため、使用方法を誤ってしまうと重度な副作用を発症させる可能性が高くなり、とくにED関連の薬は過剰摂取や間違った服用方法をしてしまうと最悪なケースになる可能性があると言われています。

過去には大量摂取や間違った服用をしてしまい、実際に亡くなるというケースがありました。
特に有名なのが1998年に日本で起こった死亡例になります。
死亡した男性は60代であり、友人からバイアグラをもらった後に使用し、行為に及んだところ倒れてしまい、病院で亡くなってしまいました。
死亡の原因を確認したところ、男性は不整脈に使用される「ニトログリセリン」を使用したことが分かりました。
心筋梗塞の治療等で使用されるニトログリセリンとバイアグラは併用禁止とされており、死亡した男性はそのことを知らずに薬を使用したため、亡くなってしまったと考えられています。

バイアグラ・レビトラ・シアリス、またはカマグラやメガリスといったジェネリックなど、EDに関する薬を使おうかと考えている方は併用禁止や服用方法に関する情報を集めてから薬を使用しましょう。
これらの薬は一般的な薬と比べるとあまり認知されていない薬でもあります。
情報を知らないまま使用してしまうと思わぬ影響から重度な副作用を発症させてしまう可能性が高くなってしまいますので注意しましょう。